さんりんしゃ日記

ボケ防止に、日常を綴っています。

石積の棚田 『四谷の千枚田』

今日は曇り空。
雨が降れば予定変更のつもりで出かけてみました。

以前訪問させて頂いた方のブログで
『四谷の千枚田』を見せて頂き、いつかは行ってみたい。
と思っていたのですが、今日思い切って行動開始。

新東名、新城インターチェンジを出て 🚗 

『四谷の千枚田』 到着


看板

第一駐車場からの風景(車窓から)
下から

第一駐車場は満車(6台位で満車)


第二駐車場に向かう。
あと5台位で満車、こちらも狭し。
12台位で満車状態の駐車場でした。

斜面に広がる石積みの棚田に圧倒されました。

小さくて狭い田圃が上に・上に・下に・下に広がっています。
見下ろす2


見下ろす


子供農学校


水田1


沢ガニが姿を現す程の透き通た清水でした。
かに


沢



オタマジャクシ

水の心配はないのでしょうね。

山からの水がどこかしこと湧き出ているようです。

癒されたか


石積で小さな棚田を作った先人の苦労も
今も絶やすことなく保存されている苦労も変わりはないのでしょうね。

自販機も、コンビニもなく自然だけのこの地。
観光地化されていないこの場所。

今度は、第一駐車場からの景色。
下から上を見上げ秋の黄金色に輝く稲穂を見てみたいです。


曇り空だけど雨の気配もないので、別の道で帰る事にしました。
帰りは国道32号線に向かって走ります。

ナビ上で『田峯観音』見つけました。
寄り道しながら帰ってきました。
[ 2017/06/18 ] 日記 | CM(6)
♪棚田百選♪
新城で「しんしろ」と呼ぶのですね・・?
最近ニュースでよく聞きますが、私はいつも「しんじょう」と読みます。

二枚目の写真が最高です・・!
最後の写真の「癒されたかん?」「かんがえる」と考える看板なのかな・・?

棚田にもオタマジャクシがわんさかと生息していますね。
我が家も同じなのですが、早く田圃を日干しにしてしまわないと、親ガエルになれば ♪カエルの歌が♪ 状態に、家の周辺はカエルに包囲されますね。


[ 2017/06/19 05:58 ] [ 編集 ]
千枚数えるには四谷怪談
ここの田圃を数えるのに、あの四谷怪談を連想してしまいました。
大変こわ~い話ですよね・・?v-12

千枚もあればバードウオッチングのメンバーでも呼んで数えてもらわなければ私では無理ですね・・!

そして、地名が四谷で階段状の田んぼとは・・!?
[ 2017/06/19 09:22 ] [ 編集 ]
Re: ♪棚田百選♪
デキタンさん

あの千枚田の田植え収穫は大変だと思いました。

昔は、定規を使って植えていましたよね。
でも、こちらの千枚田は定規も一幅程度でした。
たぶん、機械は入らないのではと。

山肌に沿っての田圃・家。

見物人の私は気楽なものです。

千枚田を保存している方々の事を考えると
観光地となっている訳でもなく、日常に踏み込まれるだけ。

私の考えすぎかもしれないのですが・・。







[ 2017/06/19 21:28 ] [ 編集 ]
Re: ♪棚田百選♪
デキタンさん

『癒されたかん?』

一番心に残る有難い言葉でした。

一円の得にもならない地元の方々には
『お邪魔致しました。有難うございました』だけです。

足が出る前のオタマジャクシは 昔を思い出させてくれました。
[ 2017/06/19 21:40 ] [ 編集 ]
わ~凄く綺麗な棚田ですねヾ( ゚∀゚)ノ゙
沢カニやオタマジャクシも可愛い
子供の頃はたくさん目にしたものですが最近はほとんど見ないですねえ
懐かしい気分になりました(´3`)
[ 2017/06/19 21:54 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
miyakko123 さん

棚田の美しさは私の知っている田舎の風景とはまた違った意味での
美しさでした。まるで、絵画のようでした。

沢カニ・オタマジャクシ。今では懐かしい光景ですね。
でも、アレ程の数のオタマジャクシがカエルになったらって思うと
一歩も、二歩も引いてしまいましたが・・
(まだ、オタマジャクシに足は出ていませんでした)







[ 2017/06/20 00:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する